スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月16日登山計画中

現在、8月16日(土)に摩周岳トレッキング予定してまっす。
参加者募集中でーす!ただ、それだけ・・・
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

2008年7月20日雌阿寒岳登山(3) 登山後半

7合目で阿寒富士登頂ルートと雌阿寒岳登頂ルートにわかれます。

どっちにするーぅ?みたいな話し合いはいりませんでした、なぜなら阿寒富士のほうがきつそうだからw

で、雌阿寒岳への頂上までのルートをひぃひぃっいいながら登って行きました。

P1000218.jpg 

雌阿寒岳噴火口(LUMIX DMC FX-35)

 

噴火口の真ん中に緑色の水が溜まってます。

疲れて阿呆になってるのか、あの水は熱いのか冷たいのか、みたいなどうでもいい話をしつつ、足を何とかすすめていきました。

P1000223.jpg 

近くて遠い頂上・・・(LUMIX DMC FX-35)

 

そして、なんとかリタイヤせずに頂上へ!!

P1000224.jpg 

雌阿寒岳頂上にて(LUMIX DMC FX-35)

登山開始から約3時間で頂上に到達しました。

前回の雄阿寒岳と違って、何か達成感がありました!

そして、景色が絶景です!!!!!!

 

2008_07_20_0520.jpg 

雌阿寒岳頂上から見える阿寒湖(Canon EOS 40D)

 

2008_07_20_0521.jpg 

雌阿寒岳頂上から見える雲海(Canon EOS 40D)

 

残念ながら、曇ってきたのと、私の腕が未熟なため、うまく景色が撮影できませんでしたが・・・

なので写真少なめ。

頂上でも、あの変な色の蝶(蛾?)がたくさんいました。

P1000238.jpg 

蝶(蛾?)と頂上に咲く白い花(Canon EOS 40D)

 

その後は、下山方向を間違えてしまいました。すぐもどったけど、体力のロスが・・・

P1000244.jpg 

(LUMIX DMC FX-35)

 

異常なほどの駆け足で下山したせいか、約2時間で登山口にもどりました。

その後は、阿寒湖畔のホテル鶴雅にいって、日帰り入浴してきました。

結構高いんですね、1,480円もかかった・・・まー、リフレッシュできたのでいいか、ってなりましたけど。

 

P1000251_20080726184958.jpg 

登山の疲れと温泉効果でだらっとしてるツヨさん(LUMIX DMC FX-35)

 

次の目標は阿寒富士か違うところか!!

参加者募集中!!

テーマ:山の風景 - ジャンル:写真

2008年7月20日雌阿寒岳登山(2) 登山前半

さて、かなりの時間をオンネトーで過ごしましたが、本当の目的は登山!!

ってことで、装備の点検、準備運動等して、雌阿寒岳に登山を開始しました。

開始時刻は午前8時20分。

なんか、木の根っこが多い森の中を登っていきます。

P1000189.jpg 

元気な人達w  (LUMIX DMC FX-35)

 

鳥のさえずりや、マイナスイオンを浴びならがの登山。

ツヨさん曰く、「心が洗われるようですねぇ。心の中の悪い部分が無くなっていく感じがします。」

おお!いいこと言うなぁ~!!でも、「悪い心しか持ってない人は、心がなくなってしまうよね。」っていったら、皆無言・・・www

結構いい運動で汗だらだらたらしてますが、3合目、4合目過ぎてもまだまだ元気です!!

P1000202.jpg 

まだまだ元気な人達w  (LUMIX DMC FX-35)

景色が良かったせいもあり、かなり楽しく登山!!そして、まだ余裕!!!

 

P1000203.jpg 

雌阿寒岳から見たオンネトー (LUMIX DMC FX-35)

こんな景色見せられたら、誰だって元気になります!  

 

P1000210.jpg 

変な色の蝶なのか蛾なのかわからない昆虫がたくさんいました。(LUMIX DMC FX-35)

「この調子だと、雌阿寒岳と阿寒富士の2座、一挙に征服もゆめじゃねーな、ふふふっ」

とか思っていたが・・・

 

しかーしっ!!!!!

 

どどーんっ

P1000211.jpg 

立ちはだかる阿寒富士!!(LUMIX DMC FX-35)

これ、阿寒富士・・・やまの中腹にちらっと見えるのが登山道です・・・  

しかも、雌阿寒岳も7合目くらいから足場が砂礫に・・・しかも、坂が微妙にきつい!!!

30メートルくらい歩くとすぐ、脚のヒラメ筋がいたくなります!しかも、息はゼーゼーと。

さて、我ら3人は頂上にいけるのかっ!!(つづく)

テーマ:山の風景 - ジャンル:写真

2008年7月20日雌阿寒岳登山(1) オンネトーの風景

雄阿寒岳であんなにひどい目にあったのに、また山に登りたくなり、友達と20日(日)に一緒にいってきました。参加者は、ツヨさん、rigdeさん。Charboさんは残念ながらお仕事のために参加できず。

しかし、7月27日に雌阿寒のぼるとか・・・はまりましたねwwww

なぜ、山に登るのか・・・

登っている最中は苦しかったり、帰りたくなったりしますが、登山終わってみるとまた登りたくなるんですよね~。不思議です。

 

今回、雌阿寒をオンネトー方面の1合目から登山することになりました。

まずはツヨさん、rigdeさんを迎えに朝5時20分に出発。市立病院近くのコンビニで食糧や水を購入し、阿寒方面へ向かいました。

釧路はすごく晴れてたのですが、阿寒方面は変な天気。日差しは出てたりするのですが、意外に肌寒い。オンネトーのほうに向かったら晴れたのでちょっと安心。

で、オンネトーですが、すごーく久しぶりに行ってびっくり!!

こんなに綺麗だったかなぁ~ってぐらいでした。

2008_07_20_0511.jpg 

雌阿寒、阿寒富士が臨めるオンネトー。透明度が高くて、水面が緑色に見えます!(Canon EOS 40Dにて撮影)

 

2008_07_20_0510.jpg 

カモが何羽か泳いでました。気持ちよさそう・・・・(Canon EOS 40Dにて撮影)

 

2008_07_20_0513.jpg 

これから上ろうとしている山。でかい・・・(Canon EOS 40Dにて撮影)

 

P1000187.jpg 

底が見えます!!すごく綺麗でした!!(LUMIX FX35で撮影)

かなりの時間、オンネトーに3人で見とれてました。

ツヨさんは、いつの間にやらコンデジを購入しており(FinePix 100fd)、かなりの枚数とってるし・・・

結局、登山開始時刻は8時20分からになりました。ま、急ぐ旅でもなし。

この続きは、後日UPします。

ちなみに私、明日、24日から26日まで東京出張です・・・・暑いそうな・・・いきたくねぇ~。

まー、しかし、大学時代の友人と10年ぶりにあってきます。mixiを通じて再会することに。ネットってすごいね!!ついでに可愛いカノジョでもできねーかなぁ~www

テーマ:山の風景 - ジャンル:写真

そこに山があるから―雄阿寒岳登山

平成20年6月28日(土)に雄阿寒岳に登ってきました。

 何故、登山することになったかというと、Charboさんが登山を計画してるとのことで、私も連れてってもらうことに。
 昨年の冬あたりから、登山をしたくて(今まで登山っていう形で山に登ったことがなかった)計画を練っていたところにこの話。

即、行きを決定し、装備を整えました。

登山前日は、山のことやら、装備のことやらをネットで調べてるうちに、寝るのが午前1時半に・・・
結局、3時間弱しか眠らず、午前5時に出発。

阿寒湖畔について水上タクシーに乗って登山口近くの滝口というところにいくことに。

しかし、事件勃発!!水上タクシーの料金が聞いていた料金以上に高い!!!
当初、片道500円、往復で1000円って話が、いざチケットを買おうとすると、片道1500円!!!

まー、背に腹は代えられないので、水上タクシーに乗っていきましたよ・・・

 

今回、私はデジタル一眼レフカメラしかもっていかず、撮りたいときすぐに写真撮影できる状況ではなかったので、あんまり写真はとれませんでした。

道中のいろんな写真はCharboさんのブログでご覧ください。

http://supercharb.exblog.jp/

 

最初は、ルンルン気分であるいてたのですが、意外に道は険しく、3合目過ぎたあたりから、二人とも無口に・・・

5合目でやっと景色のいい場所にでれたので、さっそく一眼を出して撮影。

2008_6_28_0452.jpg

このあたりから木が低木になり、景色がみえるように・・・

 

2008_6_28_0449.jpg

ちょっと疲れたけど、まだ余裕っぽい感じのCharboさん。このあと、酷い目に・・・www

 

2008_6_28_0450.jpg

ノリノリの私・・・最近不摂生が続いたせいか太り気味が目立つ・・・痩せねば!!!

 

 

そして、5合目を過ぎたあとから、沢を下って登ってと、結構きつい道中。

しかも、8合目(観測所跡)を過ぎてから、足場が砂礫に!!滑ってつかれました・・・

Charboさんは8合目あたりから、本気とも冗談ともとれる「帰ろうぜ」発言を連発w

ここまで来てそりゃないっしょ、となだめつつ、頂上を目指し到着!!!

景色は良かったです!!

2008_6_28_0458.jpg

頂上から見る阿寒湖畔市街。市街地の背後にそびえる赤茶けた山が雌阿寒と阿寒富士。
近いうち征服してやるぜ~~~~!!って、燃えてますw

2008_6_28_0486.jpg
景色はすばらしかったと思います・・・今思えば・・・結構疲れて景色楽しむ余裕がなかったかも。

 

2008_6_28_0488.jpg

なんか、こうみるとCharboさんは「山の男!!」いや、「山の漢」って感じに写真に写ってますが・・・

実際は・・・・

 

2008_6_28_0469.jpg

こんな感じで、私以上にへたばってましたwww

まー、4◎歳だからショウガない?

Charboさんの後ろにうつってるお兄さんが、驚異的な速度で登ってきて、驚異的な速度で下って行きました。はんぱねぇ~。

 

2008_6_28_0495.jpg
ちなみに私。頂上は虫が多くて、汗かいた顔にへばりついて、かなりムカついてますw

 

2008_6_28_0498.jpg

このご老体たちの登山速度も半端じゃなかったです・・・向かって右のじーさんは色んな人に山をどのくらいの時間で登ったかを聞きまくってました。つか、ぶっちゃけ、うるさかった。

2008_6_28_0500.jpg

頂上から見た、雌阿寒岳(向って右側)と阿寒富士(中央)。

写ってる団体さんは山軍団です。装備もすげーし、下りはみんな走ってました。

 

雄阿寒岳は上り下りが意外に多くて、よじ登らなければならない箇所もありました。

でも、私は意外にいけたかなぁ。さすがに疲れたけど、身体も痛いところがそれほどなかったです。

一方、Charboさんは靴が合わなかったのか、古傷の膝に負担をかけてしまったらしく、後半の下りはとてもつらそうでした。やっぱり、靴はいいもの買わないとというのが、今回の教訓となりました。

20080628154904.jpg

登山が終わって、水上タクシーを待つCharbo氏。

疲れ過ぎてかアホになってましたwww

 

私たちの登山はハイキング程度のものでしたが、それでもかなりの運動量で、疲れのため、日帰りの予定が一泊することに。けど、ビールと温泉をゆっくり堪能できましたのでOK!!

今度は雌阿寒と阿寒富士をやりたいと思ってます。

参加者募集!!


プロフィール

こにタン

Author:こにタン
北海道在住。
カメラはCanon EOS 40D所持。
けれど、iPhoneのカメラを多用・・・
趣味は、旅行、映画、ボウリング、衝動買いに暴飲暴食のもうアラフォー♂
金なし、暇なし、根性無し。
Twitter ID: @konikonita

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。